台所の記憶

レシピ、食べ歩き、美味しそうな映画や本、iPhoneアプリまで、食べ物に関わるあれこれを書いていきます。
食は空やインターネットみたいに世界や人と繋がっていると思っています。

今回の台湾旅で楽しみにしていたこと、それはビーフン工場の見学です。
台北から日帰りで新竹まで行き(特急で1時間くらい)、ビーフンができるまでを見学してきました。

きっかけは神農市場で購入したビーフン、茹でない、戻さない!

台湾では、以前は、タピオカ粉などを混ぜてビーフンを作ることが多かったけれど、近年は米100パーセントでなければ「米粉」(ビーフン)と書いてはいけないということになった、という記事を読んだ記憶があり、その話が気になって前回の台北旅行中にビーフンを購入。
image

このビーフンを家で調理しようとして、パッケージに書いてある作り方を読むと、さっと水洗い後に、そのまま炒めた野菜に加え、その上から少しの水を加えて蓋をして蒸し焼きにする、とのこと。

あれ?ビーフンって最初にお湯で戻すんじゃなかったっけ?と、ちょっと不安になりながら説明書通りに調理してみたところ、出来上がりは想像以上の美味しさ!
火は通って柔らかいけれど、ズタズタにもならず、適度な歯ごたえがしっかり残っています。
この歯ごたえが今までのビーフンとは違う感じがして、ビーフンってこんなに美味しかったんだ!と感動してしまいました。

続きを読む

台北旅、早めの夕食に訪れたのは、四平街番茄牛肉麺。
トマト入りの牛肉麺が食べてみたくてやってきました。
松江南京の駅から徒歩5分くらいです。
2016-04-08-18-45-55
店先で、生地の塊を削りながらお湯の中に入れ、刀削麺を茹でている様子を見ることができます。
さて、メニューはこんな感じ。
2016-04-08-18-16-15
続きを読む

台湾名物にサンドイッチも加えてほしい!

前々回の台北旅で食べたサンドイッチ。
台北食べ歩き旅、フレンチトーストのサンドイッチ〜Mr.Lin's
このお店も美味しかったのですが、他にも台湾の街中で見かけるサンドイッチがとってもおいしそうで。
もちろん、日本と同じ感じのものもありますが、台湾風とでもいいましょうか、日本のものとは少し違う感じのサンドイッチも多く、とても興味があります。
台湾にくると小籠包だったり、牛肉麺や魯肉飯、夜市の料理など、いわゆる台湾名物を目当てにしますが、個人的にはこのサンドイッチもそれに加わってもおかしくないんじゃないかと。
ぜひ、旅行中、1回は食事の候補にサンドイッチを加えてみてはいかがでしょう。

台北駅近く、具材たっぷりサンドイッチ。寶舖黃金炙燒吐司


IMG_7026
今回は新たなサンドイッチのお店を見つけてみようと思って、こちらのお店に行ってみました。
台北駅から歩いていける場所です。小さなお店が並ぶ路地にあります。
10時半オープンの10分後くらいに着いたのですが、既に食べている人、出来上がりを待っている人で7、8組いたでしょうか。

日本語のメニューはありません。メニューを書いた小さな紙があったので、それに丸をつけて見せました。
今回はビーフバーガーのトーストサンドイッチとミルクティーを注文。サンドイッチの他にインスタントラーメンのようなメニューもありました。
注文してからパンもお肉も焼いてくれるので、出来上がりまで結構待ちました。
image

続きを読む

↑このページのトップヘ