台所の記憶

レシピ、食べ歩き、美味しそうな映画や本、iPhoneアプリまで、食べ物に関わるあれこれを書いていきます。
食は空やインターネットみたいに世界や人と繋がっていると思っています。

カテゴリ: 美味しい本

ずっと行きたかった本屋さん「COOKCOOP」へ行ってきました。
画像1
ここは、料理関係専門の本屋さんということで、どんな本があるのかなと、ワクワクしながらいってきました。
渋谷駅からちょっと歩き、すこし迷って着きました。(※現在は紀尾井町に移転されています

続きを読む

私はマヨラーではありません。
ただTwitterで流れてきた、タイトルと作者名にひかれて、Kindleストアでポチっとしてしまいました。


マヨネーズ

著者が外国人でマヨネーズ?日本人のマヨネーズ好きについて書いたもの?
カスタマーレビューも1件しかなくて、短編小説だということだけの知識で読み始めました。

続きを読む

正直、絵を描くのは苦手です。
でも、美味しそうな絵が描けたらいいなぁとずっと思っています。

記憶に残したい料理


印象に残る料理や美味しい料理など、食べてしばらくは覚えていますが、やっぱり次第に忘れてしまったり、記憶が曖昧になってしまうもの。

そういうものを少しでもとどめておきたいと思うので、私は以下の2つの方法で記録しています。
  • 写真に撮ってiPhone、iPadminiに保存。以前書いた「Evernote Food」アプリなどを使って記録して短いコメントを入れたりします。
  • 写真に撮ったものをプリントして、ノート(なんでも書いておく1冊のノートを持ち歩いています)に貼付け。空いているスペースに色々書き込みます。

1回の食事で、2つともする場合もあるし、片方だけの時もあります。

続きを読む

何か美味しそうな本ないかな、と本屋をウロウロしていて、タイトルに惹かれて購入。

キャベツ炒めに捧ぐ

あるお惣菜屋さんで働く、3人の年配女性の話。
彼女たちのそれぞれ抱えている思いや、色々な事情がそれぞれの視点から描かれていて、それらが、働いているお惣菜屋さんを中心に進んでいきます。

続きを読む

↑このページのトップヘ