台所の記憶

レシピ、食べ歩き、美味しそうな映画や本、iPhoneアプリまで、食べ物に関わるあれこれを書いていきます。
食は空やインターネットみたいに世界や人と繋がっていると思っています。

カテゴリ: 食品,食材

香港旅で買いたかったものが、ピータン。
何かの記事で香港で購入したという黄身がトロリとしているピータンを見て、絶対食べてみたいと思い、お店を探していました。

有名なお店は、 ヨンキーだということが分かったのですが、ガイドブックに必ず載っているし、もうちょっとローカルっぽいところで探してみようと思い、見つけたのがこちらの2店。

李煥糖心皮蛋 – 香港 上環的港式 外賣店 | OpenRice 香港開飯喇

順興行 – 香港 上環的港式 小食店 | OpenRice 香港開飯喇

どちらとも上環にあります。
月曜の16時頃、まず順興行へ行ってみたのですが、シャッターが閉まっており15:30休憩(だったかな?)というような貼り紙がありました。15:30までだよって意味なのかしら?
うーむ、残念。といことで、李煥糖心皮蛋へ。
こちらは開いていて、ピータンだけが置いてあるとっても殺風景なお店。4個入り、6個入り、もっと大きなパックもありました。私は4個入りのものを購入。21HKDでした。
image
続きを読む

痺れる辛さのさっぱりオイル

去年の台湾旅行の時に頂好というスーパーで購入した花椒油。
向かって右の瓶です。
2015-01-03-13-16-42
日本にいるときも含め、今まで見たことがなかったのと、外食などでも意識して取ったことはなかったので買ってみたのですが、これが予想以上に美味しくて、かなりオススメ!
気に入ったので、今年の旅行でもまた買ってきてしまいました。

唐辛子メインの辣油ではなくて花椒で作っている油です。
花椒といえば、麻婆豆腐に使われているあの痺れる辛さの中国山椒。
この油は激辛ではないものの、花椒の痺れる感じと、スッーとする爽やかな辛さがあります。
辣油はどちらかというとこってりとしていると思うのですが、こちらはこの爽やかな辛さのせいか、さっぱりとした油です。
ベースの油がごま油ではないのもさっぱりの要因だと思います。

続きを読む

銀座を歩いていてふと気がつくと、長野の物産館ができていました。
去年の10月にオープンしていたんですね。
ショップスペース | 銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース

長野のイメージといえば「おやき」くらいしか思いつかなくて、素通りしそうになったのですが、店構えが素敵で入ってみました。
綺麗な店内で目に付いたのは、ジャムやコンポートの瓶。そういえば長野ってフルーツ王国なんでしたっけ。
そして目に付いたのは、ルバーブのジャム!
ルバーブのジャム、甘酸っぱさがとっても好きですが、あまりスーパーなどでは見かけないですよね。
ルバーブとは|ヤサシイエンゲイ

こちらのお店には2種類のルバーブジャムがありました。そのうちの1つを購入。650円でした。
IMG_5633
続きを読む

シンガポール食べ歩き旅、その3です。
ラクサは日本でもシンガポール料理屋さんで食べたことがありますが、本場でも食べてみたいと思い選んだのがこのお店。
プラナカン建築をみる&ラクサを食べたくてカトン地区へ。

328カトンラクサ

MRTでパヤ・レバ駅まで。そこからはタクシーで向かいました。
お店に着いたのは、11時ちょっと過ぎ。遅めの朝ごはんです。
時間が微妙だったからか、お客さんは数人でした。
image
注文はもちろんラクサ。大と小があり、小サイズにしました。
注文を受けてからすでに茹でてある麺を温めて器にいれ、具材とスープをかけてすぐに手渡されます。
2001

続きを読む

↑このページのトップヘ