台所の記憶

レシピ、食べ歩き、美味しそうな映画や本、iPhoneアプリまで、食べ物に関わるあれこれを書いていきます。
食は空やインターネットみたいに世界や人と繋がっていると思っています。

カテゴリ: キッチン用品

セイロのサイズ選び

前回の記事、「照宝のセイロ買いに〜選び方ポイント、その1」では、セイロの素材のことについて書きましたが、今回はサイズについてです。

点心などを一人用に温める小さなサイズから業務用の大きなサイズまで「照宝」には置いてあります。
私は大きめのサイズが欲しかったので、手に取ったのは27センチ。
でも、見ているうちにだんだん、すごく小さく見えてくるんですよね。
お店には業務用の巨大サイズが置いてあるので、それを目にしてしまうのと、お店にいると自分の家のキッチンの広さがよくわからなくなってきて、サイズの感覚が鈍ってしまうんだと思います。

サイズは事前に測っておこう!

私は何の準備もせずに行ってしまったので、反省を込めて。続きを読む

素材いろいろセイロ

横浜中華街の聚楽で月餅を購入した後、中華調理器具のお店、照宝へ。
中華包丁、中華鍋、セイロ、食器などなど、所狭しと色々なものが並ぶお店です。
今回はセイロを買いたいなと思い行ってきました。

こちら、店員の方がとても親切に色々教えてくださるお店なので、色々と質問しながら選びました。
セイロがたくさんあるなかで同じサイズだけど、値段はピンからキリまで。
素材が違うみたいなので、詳しく聞いてみました。
私が欲しかったサイズは、素材が3種類ありました。

続きを読む

ちょっと洗いにくいSTAUBニダベイユの鍋底


我が家のストウブのニダベイユ、和食洋食問わず大活躍なのですが、鍋底がちょっと洗いにくいのが困りごとでした。
蜂の巣状の鍋底がポイントの鍋なのですが、この凹み部分に汚れがたまるのです。。。
画像1
続きを読む

前回の記事に書いたとおり、ZWILLINGの包丁を5本出して頂き、触ってきました。
今回、私が気をつけてみたポイントと、店員さんに教えて頂いたことを書きますね。
それほど頻繁に購入するものではないと思いますが、次回購入する際の参考になれば、と思います。

包丁購入時ポイントは、触ってみる!

包丁は、やっぱり握ってみて感触を確かめたほうがいいですね。
ハンドル部分も包丁によって形が違いますし、包丁の重さ、刃の長さによっても使い心地はかなり変わってきます。
続きを読む

↑このページのトップヘ