台所の記憶

レシピ、食べ歩き、美味しそうな映画や本、iPhoneアプリまで、食べ物に関わるあれこれを書いていきます。
食は空やインターネットみたいに世界や人と繋がっていると思っています。

カテゴリ: その他

Niki's Kitchen

日本で海外の家庭料理を体験したい!」の記事で書いたサービスのうちのひとつ。
日本に住んでいる外国の方のお家での料理教室。

Niki's Kitchen 英語料理教室

日程、メニューが決まっており、事前にNiki's kitchen のサイトで予約を取ります。
一回の参加人数は、6〜9人くらい。友達同士で来られる方、1人参加の方どちらもいます。

私が参加したクラスだと、当日は駅前などで参加者で待ち合わせて一緒にご自宅にいくか、直接ご自宅に伺いました。
エプロンやメモをとれるものを持っていきました。

そして、ご自宅では、説明を聞きながら料理を作るのをみたり、一緒に作ったりします。
一人一人が料理を仕上げるというよりは、一部分を手伝うという感じでした。
そのご家庭により異なりますが、調理器具や皿洗いなどを手伝う場合もあります。
全体的な流れも一般的な料理教室のスタイルと変わらないと思います。

品数は3〜5品。 料理ができたあとは、綺麗に盛り付け、みんなで頂きます。
しっかりとした量があるので、毎回お腹がいっぱいになりました。
料理は月ごとに変わるようです。 リピーターの参加者は、「以前のアレが美味しかったので、またメニューにしてください」とかリクエストされてる方もいました。
続きを読む

私が海外旅行するときの大きな目的が食。
国内旅行でもそうですが、海外でも行った先の地元の味をできるだけ食べたい、知りたいと思っています。

ですが、そんなに頻繁に旅行はできない。
日本には世界各国の料理を提供してくれるレストランもたくさんあるけれど、もうちょっと深く知りたい。
でも料理学校などの長期に続くものだと時間的に厳しい。

そんな思いにぴったりのサービスを2つご紹介します。
Niki's Kitchen と Kitch Hike です。
どちらも、日本にお住いの海外の方が、ご自宅で料理を教えたり振舞ってくれるというものです。

Niki's Kitchen 英語料理教室

世界の家庭料理を旅しよう!料理を作る人と食べる人をつなぐマッチングサイト - KitchHike

続きを読む

最近は、パソコンやタブレット、スマートフォンなど便利なものに囲まれて、なかなかペンをとって書く、というが少なくなりがち。
字を書くより入力する方が早かったり、 大量データも保存できたり、メールやSNSで簡単に共有できたりと良いことはたくさんあるのですが、手書きもやっぱり良いものです。

今日は、レシピノートや食べ歩きノートをこれから手書きしてみようかと思っている方に、いくつかノートをご紹介したいと思います。
普通のシンプルなノートに、自分なりにかっこ良く写真を貼ったり、マスキングテープなどで装飾して素敵なノートになっているのを見ると憧れるのですが、これってなかなかハードルが高い・・・。
センスがある方なら色々楽しめるのかと思うのですが、自分で色々やれる自信はない、だけど普通のノートに淡々と書いていくのも味気ない、と思っている方にもオススメです。

LOFT ワナドゥ手帳


LOFT ワナドゥ手帳【食】 | 西武・そごうのe.デパート

こちらは、LOFTのオリジナル手帳です。
カフェ、食べ歩き、クッキング、スイーツ、お弁当の種類があります。
上に貼ってあるリンクのサイトで、手帳の中身が確認できます。
写真を貼る欄も用意されていますし、それぞれにあった項目が設けられていて、なかなか良い感じです。

続きを読む

ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社主催の「江戸スタイル入門」第1回「江戸の食」に行ってきました。
ジャパントラディショナルカルチャーラボ | 日本の文化を通じて人々の生活をより豊かに
江戸文化についての複数回に渡る講座で、一回目は食についての講座。
第1回のテーマは「江戸の食」。 和食が完成した江戸時代、庶民は家でどんな食事をしていたのでしょう?江戸時代の外食文化は?江戸時代のお酒は? 江戸の食生活を垣間みることで、日本人が長い年月をかけ積み上げてきた技・知恵・美学の集積である「和食」について、また現代の食生活について、考えてみませんか?
ゲストは、『日本人は何を食べてきたか』『江戸に学ぶ「おとな」の粋 』『酒の日本文化』他、江戸文化・食に関する多数の著書をお持ちで、文化庁文化審議会 文化財分科会無形文化遺産保護条約に関する特別委員会委員長も務められ、和食のユネスコ無形文化遺産登録にも尽力された神崎宣武先生。
Antennaという情報系iPhoneアプリで紹介されていたのを見つけ、江戸時代には全く詳しくないのですが、昔の食文化ってどんなものだろうと興味がでて申し込みしてみました。

続きを読む

↑このページのトップヘ