台所の記憶

レシピ、食べ歩き、美味しそうな映画や本、iPhoneアプリまで、食べ物に関わるあれこれを書いていきます。
食は空やインターネットみたいに世界や人と繋がっていると思っています。

カテゴリ:食品,食材 > お菓子

9月後半にリスボン旅行してきました。初のポルトガルです。
ポルトガルの有名なお菓子といえば、エッグタルト。

街中はエッグタルトだらけ

お菓子屋さんが街中にはたくさんあるのですが、ポルトガルのお菓子は素朴な感じのお菓子が多い気がしました。デコレーションなどで綺麗に飾ったものより、焼き菓子やドーナツっぽいものなど茶色っぽいお菓子が多かったです。
そして、ほぼどの店にも置いてあるのではないかと思うのが、エッグタルト。ポルトガルではパステル・デ・ナタと呼ぶそうです。
fullsizeoutput_1850
fullsizeoutput_1851

パステイス・デ・ベレンで食べる前に別の店で1つ以上は食べるべし!

さて、このエッグタルトで有名なお店はガイドブックには必ず載っている、ジェロニモス修道院そばのパステイス・デ・ベレン。
ですが、このお店に行く前に街中の別のお菓子屋さんのエッグタルトを食べておいてください!
私はパステイス・デ・ベレンに行く前日に、街中でたくさんの人で賑わっているお菓子屋さんで1つ購入して食べてみました。
fullsizeoutput_1852
まだ温かいエッグタルト。ずっしりとしていて数分持ち歩いたら、紙の袋に油が滲んできました。
生地はサクサク。クリームは結構甘くてコッテリ。 美味しいけど、2個食べるのはキツイかなと言う感想でした。
さて、次は、本命のパステイス・デ・ベレンのナタです!

全く違うエッグタルト

朝9時ころお店に着きましたが、すでに少し行列。外に並んでいる列は持ち帰りの列なので、お店の奥に入って座って食べることにしました。
続きを読む

成城石井で見つけた瀬戸田レモンケーキ

成城石井は大好きなスーパーのひとつ。特に買うものがなくても、見かけるとついついお店に入ってしまいます。
そこで見つけたのが、瀬戸田レモンケーキ。
image
近頃は菓子パンを食べなくなってしまって、買うこともほぼなかったのですが、なんだか気になってしまい買ってみました。
image
レモンケーキというとラグビーボールを半分にしたようなあのお菓子。こちらは形がちょっと違いますが、この形の方が生地の厚みが薄くて均一なぶん、上のコーティングの存在感があって私は好きだなと思いました。
表面はホワイトチョコがかなりパリパリとしていて、ほんのり甘酸っぱいレモンの風味もしました。

デニッシュを日本に根付かせたアンデルセン

さて、このレモンケーキの「タカキベーカリー」、パン屋の「アンデルセン」のロゴに似ているなと思っていたら、なんと系列だったんですね。
今は、一般的になっているデニッシュペストリーですが、このアンデルセンが1962年に最初に日本で販売したんだそうです。

続きを読む

京都で購入したものたち。

image

原了郭の黒七味

京都って一味とか七味とか、唐辛子を売っているお店が多いですよね。
今回は、こちらのお店の黒七味を購入してみました。
祇園 原了郭

黒七味と言うだけあって、黒いです。
普通の七味は、ゴマとか、ケシの実とかそれぞれの素材の形がそのまま残っていると思うのですが、こちらはもそれぞれの形はなくて全てが一体になっています。
材料を手で揉みこんでいるそうで、その過程で形がなくなるんでしょうね。しっとりした粉末です。
香りがよくて、ごまの風味がします。辛いのですが、深みがある味で、お蕎麦やうどんなどにかけるのもいいすが、もうちょっと直接的に味わえるような料理にも合うかなと思いました。
ムニエルやフライ、すき焼きや焼肉、と案内ページにも書いてありますね。
今度試してみたいと思います。
続きを読む

前回の八宝飯と一緒に春節の時期のお菓子ということで、もう一つ購入してきました。
中国版のおはぎ?八宝飯(パーポーファン)

「甜年米羔」というお菓子。こちらは、中国南部のお菓子のようですね。
詳しくはこちらのサイトをご参考に。
春節のおめでたいスイーツ 八宝飯 & 甜年米羔【 Flavo! 】

八宝飯は、1店舗でしか見つけられなかったのですが、こちらは、3店舗で売っているのを見かけました。
八宝飯を購入した重慶飯店でも売っていたのですが、こちらはなんとなく萬珍樓で購入してみました。
画像2
続きを読む

↑このページのトップヘ