台所の記憶

レシピ、食べ歩き、美味しそうな映画や本、iPhoneアプリまで、食べ物に関わるあれこれを書いていきます。
食は空やインターネットみたいに世界や人と繋がっていると思っています。

カテゴリ: レシピ

1番のラザニア

私のラザニアとの出会いは、6歳。両親に連れて行ってもらったイタリア料理のお店で初めて食べました。
そのお店では、平たいお皿の上に円柱型のラザニアが乗せられて出てきました。
グラタン皿に入っていないので、断面の何層にも積み重ねられたパスタがよく見えて、とても綺麗だったのは忘れられません。
そのお店に行くたびにラザニアを食べていました。

大人になって、そのお店に行ってみようとしたのですが、残念ながらもう閉店してしまっていました。
最初に食べたときのものすごい感動と、もう2度と食べられないあの味は、私の中で特別なものになっているので、きっと、あれを超えるラザニアは出てこないだろうなぁと思っています。

ラザニア作りのポイント、茹でない!

ラザニアは、手間がかかって面倒だと思っていませんか?
面倒だと思うポイントのひとつはパスタを茹でること、なのではないでしょうか?

続きを読む

これは、子供の頃、冬になると母がよく作ってくれていた料理です。
材料も少なくて、使う調理器具も少しだけ。でも、身も心もほっこり温かくなる優しい料理です。 
このジャガイモグラタン、フランスの郷土料理で、ドフィノワといいます。
我が家では、そんな名前は知らずに、「ジャガイモをミルクで煮て焼いたもの」と呼んでいましたっけ。

大きな耐熱皿でたっぷり作ってみんなで取り分けて食べるのもオススメですが、今回は以前に購入したストウブの1人用グラタン皿で作ります。
staubのグラタン皿セールしていました@松屋銀座

続きを読む

コロッケといえばジャガイモで作ることが多いと思いますが、私は断然、里芋派なんです。
子供の頃、里芋コロッケの方が我が家では定番でした。
もちろんジャガイモも美味しいですが、この時期旬の里芋を使って和風なコロッケはいかがでしょうか。

里芋の栄養

里芋は、芋類の中でも低カロリーです。コロッケは揚げ物なのでカロリーが気になりますが、里芋なら気分的に違うかも。
里芋は、栄養面も優れていますね。
里芋のぬめりは「ムチン」や「ガラクタン」「マンナン」という成分によるものです。ムチンは胃腸の粘膜を保護したり細胞を活性化する作用があるといわれています。ガラクタンは水溶性食物繊維で、免疫力を高めたり、血中のコレステロールの抑制、便通をよくする働きがあるとされます。マンナンも便秘予防や糖尿病予防などに効果があるといわれています。また里芋には体内の余分なナトリウムを排出して血圧の上昇を抑えるとされるカリウムも豊富で、造血作用のある葉酸や肌荒れによいとされるビタミンB6も含まれています。
続きを読む

だんだん寒くなってきましたね。
こんな時にはあったかいスープなんていかがでしょう。
今日は、ストウブ鍋で作るオニオングラタンスープ 。

オニオングラタンスープというと飴色に玉ねぎ炒めるのが大変そうかもしれませんが、 ストウブの鍋で簡単にできてしまいます。
先にポイントを書きますが、やたらと混ぜないこと。とにかくじっくり待つのがポイントです。続きを読む

↑このページのトップヘ