iPhone、iPadアプリの「Evernote Food」を使っています。
使いだしたのは最近ですが、とても気に入っています。

同じように料理の写真を撮って、コメントを書いて、という食べ物ログアプリは他にもあると思いますが、みんなに公開して共有するSNSタイプのものは、気が進まなくて。
私の場合は、ただ自分用のログとして残しておきたかったので、 「Evernote Food」がピッタリでした。

※このアプリは2015/09/30でサポート終了です。(2015/08/30 追記)

Evernote Food
カテゴリ: フード/ドリンク, ライフスタイル
価格: 無料(掲載時の価格です)


詳しい機能などは、こちらを。
Evernote Food 2.0: 究極の食体験アプリ Evernote日本語版ブログ
Evernote Food 2.0 の新機能

【食事一覧】


iPhoneにあるだけの写真で、外食記録をつけてみました。iPadでみるとこんな感じ。
IMG_0047

そして、気がつきました…
外食しても料理の写真をあまり撮っていないことを。
目の前の料理を早く食べたい!と夢中になって、写真を忘れてしまうことが多くて。
まぁ、そんなものです。。

時々、他のデバイスから記録した食事一覧の写真が表示されないことがあります。
これは、iPhoneから記録したけど、iPadで見るとこんな風になっていました。
画像1
こういう場合は、カメラマークのしたにあるリンクのアイコンを押します。
共有の画面がでるので、メールのアイコンを押します。
そうすると、押したタイミングで画像が読み込まれてきます。
本当にメールする必要はないですよ。画像が表示されたら、共有画面はキャンセルして閉じてください。
まだちょっと不安定なところがありますよね。
画像2

【私のレシピ集】


Evernote Foodにはレシピをクリップしておく機能もあります。IMG_0045

アプリ自体にもレシピが載っていて(「レシピを探す」という機能)、そこから検索して追加もできるのですが、外国のサイトのみ。自分で日本語のサイトを追加したい場合は、EvernoteにWebページをクリップすると、アプリ側に表示されるようになっています。
「Evernote Food」の設定で、「ノートブック」の場所が、Evernote上で、Webページをクリップしたノートになっていることを確認してください。

コツは、レシピ集サイトトップページやカテゴリ別ページなどではなく、ひとつひとつのレシピページをクリップすること。
グルーピングなどできるといいのですが、それはできないみたい。

実は、この「EvernoteにWebページをクリップ」という行為がさっぱりわからず、詳しい方に一から教えていただき、WebClipperというアプリを入れ、やっとこさクリップすることが出来ました。
詳しく書かれているページもありました↓
EvernoteにWebページをクリップする方法(アプリ Ever Web Clipper編)|i xoxo (^з^)-☆





Evernote、なんて便利なの!!
まだまだ活用できていないですが、こういう興味があるところから繋げていけるといいなと思っています。

「レストラン」の機能についても書いていますので、こちらもどうぞ。
行きたい飲食店を地図で管理(2) 「Evernote Food」iPhone・iPadアプリ