かなり久々の料理写真の補正アプリのご紹介、第4弾です。
今回は、もう有名だと思うのですが、LINEが出しているアプリでLINEのアカウントをもっていなくても使えます。

Foodie

※レビュー時のバージョン:1.2.2
Foodie(フーディー) - 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ
カテゴリ: 写真/ビデオ, フード/ドリンク
価格: 無料(掲載時の価格です)


先に結論ですが、使いやすいです。
やっぱり、食べ物に特化しているカメラアプリいいですね。
今まで紹介した料理写真アプリは使えなくなったものもあって、最近はiPhoneのカメラで普通に撮って、編集機能で調節していました。
ですが、明るさとか彩度とか露出とか調整しているうちに、なんだかよく分からなくなってくるんですよね・・・。
その点、こういった写真加工アプリは、簡単にいい感じの仕上がりに編集してくれるので、本当に助かります。

使い方

まずは、その場で写真を撮るか、すでに撮った写真から選ぶかの2択ができます。
今回は、すでに撮った写真から選びました。
真ん中の杖のようなマークを押すと編集できます。

編集モードはこんな感じ。
下の丸い中に画像がある部分、FR2とかCH1とか表示されているところをクリックするとある程度のパターンで一気に補正してくれます。
準備されているパターンは、美味しく(5種類)、スパークリング(3種類)、スウィート(4種類)、フレッシュ(4種類)、もちもち(4種類)、ニクニク(3種類)、サクサク(2種類)、ロマンティク(5種類)。結構パターンがありますね。


次にいちばん下のアイコン列の真ん中の太陽マークを押すと明るさを調整できます。
さらにその隣の水滴マークを押すとボカシができます。ボカシは円形と線タイプの2種類。
これ↓は円形でボカシてみました。


そして水滴マークの隣のチェックマークを押すとカメラロールに保存されます。
元の写真を残したまま別でFoodieというフォルダが作成され、そこに保存されます。


出来上がった写真はこんな感じ。
わかりやすい操作とシンプルですがそれなりに機能が揃っていて、いいアプリだと思います。
無料ですし、ぜひお試しあれ。


--------–--------------------------------------
料理写真加工アプリ、他に試したものはこちらです。
料理の写真、加工アプリ その3『TakiDori-炊き撮り』