前回の「美味カメラ」に続き、私が使っている料理写真の補正アプリのご紹介です。
今回は、これ。
※ダウンロードできなくなっているようです。(2015/07/13追記)

ごちカメ!

※レビュー時のバージョン:1.1.0

まず、このアプリも写真を撮ってから補正するか、撮った写真を補正するか選びます。
画像2
次は、さっそく補正ですが、まずは、明るさ、鮮やかさ、色あい、コントラストの調整です。
今は、明るさを選んでいます。下のスライドバーをいじって明るくしたり、暗くしたりします。
同様に鮮やかさなども押して選択したあとに、スライドバーで調整します。
ここが1番のポイントなので、写真を見ながら4つの値を変更していい状態の写真にします。
画像4
つぎは、フォーカス。
これは、3タイプから選べます。丸、水平、好きな形に選択の3つです。
今回は、タッチを選んでみました。焦点を当てるところを指で選びます。
下の写真だと、キッシュのところを指でなぞりました。上矢印を押すと、フォーカスが反映されます。
画像5
つづいて、ビネッティングと背景の鮮やかさを調整。
ビネッティングのバーを上げるほど、焦点の周囲が薄暗くなります。
画像6
更に、このアプリは、湯気をつけることができます。
湯気の形や、濃さ、大きさを選んで、湯気をのせたいところに持っていきます。
画像1
今回、湯気はつけなかったのですが、こんな感じに補正しました。
ちょっと暗くなっててしまいましたかね。。。
画像1

まとめ 

かなり高機能なアプリなのかなと思います。
前回の「美味カメラ」と比べると、自分の意思がちゃんと反映出来るところがいいところですね。
ただ、自分で調整できる分、すごく良くできるかどうかは、自分の感覚次第というところが難しいです。
なかなかいい写真になるポイントってわからないものだなぁと思いながら使っています。
ちゃんと写真の撮り方を勉強するとその辺のポイントなどもわかってくるのでしょうか。
いつかちゃんと習ってみたいです。

さて、一点残念なところは、作成途中にiPhoneのホームボタンを押したり他のアプリを立ち上げたりして「ごちカメ!」が裏に隠れてしまうと、作成途中の状態がキープされないこと。
一から作り直しになってしまいます。 
せっかくいいところまで行っていて作り直しはツライので、この点を気をつけてくださいね。

--------–--------------------------------------
料理写真加工アプリ、他に試したものはこちらです。
料理の写真、加工アプリ その3『TakiDori-炊き撮り』
料理の写真、加工アプリ その4『Foodie』