iBooks Authorでレシピ本が手軽につくれるみたい、という話を知人から聞いたのはかなり前。

iBooks Author とは



Macにアプリのダウンロードだけしていたのですが、何だか難しそうな気がして、まったく手付かず。。。
ですが、最近になって、上に貼り付けたiBooks Authorについての動画を見たら、作ってみたい気持ちがムクムクと湧いてきたので、試してみることにしたのです。
余談ですが、Appleのこういう映像はすごく引き込まれるし、シンプルだからすごく伝わってくる感じがして、いつも素敵だなぁと思います。

さてさて、当面、私がやりたいことは、
  • 以前通っていた料理学校で習ったレシピをキレイにまとめる。
これは個人のiPadにだけ入れて使う予定です。
このアプリで自分で作った本はiBookStoreで出版したり、他の人と共有できたりするのですが、今回私が作ろうとしいるのは料理学校のレシピのまとめなので、個人の私が勝手に公開できないですしね。

レシピの元ネタは、ノートに手書きで書いたものとデジカメ写真があります。
実は、既にこの内容をMicrosoftのWordでそれなりのフォーマットを作って、書き写していました。
ですが、、、
  • メニュー数で、150くらいあるので、プリントするとかなりの枚数になる。
  • 見たいときに、わざわざパソコンを起動するのが面倒。 キッチンまでパソコンは持っていけない。
  • ファイルを年月日毎に分けて作ってしまったので、どこにどのレシピがあるのか探すのが大変。
などの理由でせっかくWordでまとめたものの、結局、見返すことはなく、何だか残念だなと思っていました。
なので、iBooksAuthorの話を聞いたとき、このアプリでレシピを本形式にまとめよう!そうすればiPadで気軽に見られるようになる、と思ったわけです。

そんなわけで、早速試してみたわけですが、今回は動機編ということで、ここまでで。。
作ってみた感想などは、また改めて書きます!
 
------続きはこちら
iBooks Authorでレシピを書いてみる —テンプレート選択編—
iBooks Authorでレシピを書いてみる —ページ構成編—
iBooks Authorでレシピを書いてみる —実践編—