前回の記事「iBooks Authorでレシピを書いてみる —動機編—」の続きです。

まず、はじめにすることは、テンプレート選びです。
iBooks Authorには、最初からいくつかのテンプレートが入っています。
skitch.png

今回、レシピ本をつくりますが、「料理本」のテンプレートがひとつ準備されています。
テンプレートは、写真の位置や文章を入れる部分、全般的なデザインが予めされているものなので、「料理本」のテンプレートを使わなくても、他のテンプレートの構成のほうがよければ、それで作ってもOKです。

選んだテンプレートで作り始めたあと、不要な写真部分を消したり、フォントを変更したり、画像の大きさを変えたりなど、自分でデザインの手直しができますが、気をつけないといけないのが、最初に選んだテンプレートから変更できない部分についてです。


横方向 または 縦方向のみの選択

「横方向」は、iPadを横にしても縦にしても見ることができます。横と縦でレイアウトを自動で変換してくれます。
ただこれは、横にしたときも縦にしたときでも、巻物のようにずっとページが繋がっているイメージです。縦の時は特に、ページをめくる感じはなく、ひたすら下にスクロールするようになります。
skitch.png
skitch.png


「縦方向のみ」は、iPadを横向きにしても横になってくれません。縦方向しかみることができないわけです。
こちらは、普通の本に近いイメージです。
通常の雑誌をめくる方向でページの切り替えができます。
skitch.png

どちらのタイプを選ぶか悩みますが、デフォルトで準備されているのも、別で売られているテンプレートも横タイプのほうが多いので、そちらのほうがiBooks Author 的にはオススメなのでしょうか・・・

私は最初、この準備されている「料理本」の横型テンプレートで書き始めていたのですが、何となくしっくりこない・・・
ちなみに、テンプレートではなく、一から作りたい、という場合ですが、iBooks Aushorのアプリではどうも必ずどれかテンプレートを選ばないといけないみたいです。
一番シンプルなテンプレートを選んで、不要なところを消していってまっさらにしてから作り上げるしかないのかも。
ちょっとこの辺りは、不明です。
ただ、自分デザインを手直ししたテンプレートは、オリジナルのテンプレートして保存できるみたいなので、自分用のテンプレートを作るのはいいですね。

さて、私は、他のテンプレートを探すことにしました。
それほどたくさん出ているわけではないみたいですが、AppStoreでいくつかみつけました。
・Templates for iBooks Author
・Themes Drawer for iBooks Author
・Themes for iBooks Author

skitch.png

私が選んだのは、こちら。「Book Palette」。26個テンプレートがあって、850円でした。
skitch.png

その中から、こちらのテンプレートを選びました。見た目は縦ですが、これも横型テンプレートです。
skitch.png

ここでテンプレート選びの注意点のもう一つです。

テンプレートによっては、背景が固定されていて、変えられないものがある

テンプレート中には、画像やテキストボックスなどを全部消してしまえば、最終的に真っ白いテンプレートになったり、背景の色を変えられるものもあるようですが、私が選んだこのテンプレートは、バックの茶色と白いレース状のものは、消すことも、色も変更することが出来ませんでした。
全体的なデザインは好きだけど、背景色だけ変えたい、というときには、ちょっと残念です。

少しデザインを手直しするにしても、自分で一から作ろうというのでなければ、このテンプレート選びで、ほぼ8割方決まってしまうのではないかと思うくらい、出来上がりが左右されるところだと思います。
少し書いてみて、イメージに合わなければ、別のテンプレートを探したほうがいいのかもしれません。

----------
今回は、テンプレート選びということで、ここまでです。
まだ試行錯誤しながら作っていますので、ここはこうすればいいよ、とか、それは違うよ、などありましたら、コメントいただけると助かります。

------関連記事はこちら
iBooks Authorでレシピを書いてみる —動機編—
iBooks Authorでレシピを書いてみる —ページ構成編—
iBooks Authorでレシピを書いてみる —実践編—