ふらっと京都に行ってきました。 まだ紅葉には少し早くて、それほど混んでいませんでした。
久々の京都で、行ってみたい食べ物屋さんは色々。
せっかくの旅行なので一食一食を無駄にしたくない!
ですが急に旅行を決めたこともあり、予約問い合わせしてみるも、満席だったり店休日だったり貸切だったり。そんな中、今回伺ったお店について。

萬川

京野菜ランチ&創作料理-おばんざいからお酒まで-|京・上賀茂萬川

京野菜料理のランチがいただけます。
ちょうどこの日は近くの上加茂神社で昼ごろから神事があってそちらに人が流れていたのか、お店は空いていました。

まずは万願寺とうがらし、切り干し大根、サトイモの炊いたもの。切り干し大根がびっくりするほど柔らかく、とうがらしも程よく煮えていて、ほっとする味。
続いて水菜のサラダ。かなりたっぷりの量です。

そして、豆乳のスープ。砂糖とかの甘みではなくて豆の甘みなんでしょうか、甘くないのに、甘い。
何とかラテとかの名前で普通の飲み物として飲めそうな感じでした。
続いて万願寺とうがらしの焼いたもの。2種類産地が違うとうがらしで、味が全然違いました。

ちなみに、一皿一皿、野菜の産地など詳しく説明していただけます。
また、温かい料理のお皿はあたたかく、冷たい料理のお皿は冷たくしてあり、嬉しいなと思いました。

続いて賀茂茄子。茄子がとろけます。 賀茂茄子ならでは肉厚な実と味噌がよく合う!
この次に鹿ケ谷カボチャのそぼろあんかけがでましたが、写真撮り忘れ。
鹿ケ谷カボチャ、はじめて食べたのですが、水っぽいんですね。
初めてだと伝えると、カボチャを持ってきて見せていただきました。

最後は、五穀米に湯葉あんかけのご飯。ほんのり生姜が効いていて、こちらも優しい味でした。


カボチャのそぼろあんにお肉が少し使われている以外はお肉もお魚もないのですが、しっかりお腹いっぱいになります。
どの野菜も青臭さや、雑味みたいなものがなく、しみじみ野菜ってこんなに美味しかったんだと思える料理でした。