今年のゴールデンウィークは、初のシンガポール旅行に行ってきました。
初ということもあり、今回は観光スポットも食べるところも有名所を巡ってきました。

まずは、カヤトースト。食べられるお店は色々とあるようです。
カヤジャムはお土産で頂いたことがあり食べたことはあったのですが、やっぱりシンガポールに来たからには本場のものが食べたい!
バターが挟んであって温泉卵をつけて。これが食べてみたい〜

シンガポールの朝食カヤトースト4店を食べ比べ

ヤ クン カヤ トースト

チェーン店でよく見かけたのが、ヤクンカヤトーストとトーストボックス。
Ya Kun Kaya Toast

Toast Box - Home Page

今回は、到着してすぐ朝食のためにチャンギ空港のヤクンに行ってきました。
バターが挟んであるカヤトースト、温泉卵2つ、飲み物のセットでS$4.8。
1007
バターがしっかり挟まっています。パンは薄くてサクサク。ジャムはさらりと塗ってある感じ。
食べ進めていくとかなり甘い。コーヒーも最初から甘いものなので、温泉卵が救いになります。
温泉卵にちょっと醤油を垂らして、トーストにつけて食べる。
最初これを聞いた時には、え!?まずそう、、、と思ったのですが、甘いのがちょっと薄まって意外と美味しい!
1009

街なかで見かけたカヤトースト作り

これは、お菓子屋さんで見かけたカヤトーストを作っている様子。
こちらのお店は、パンは焼いていないし、かなり分厚いですね。ここもバターが挟まっていますね。
お店によってきっとジャムの味だったり、パンの感じが違うんでしょうね。他のお店のも食べてみたいです。
3010

KAYA HOUSEのカヤジャム

今回、自分用に購入したカヤジャム。
以前、お土産で頂いたものが美味しかったので同じものを購入しました。
いくつかスーパーを見て回って、何種類かカヤジャムがありましたが、このKAYA HOUSEのジャムは高島屋でしかみかけませんでした。
3084

カヤジャムはココナッツミルクと卵と砂糖とパンダンリーフが材料。これはそれほど甘くないです。
スーパーで見かけたジャムの中には、ものすごい緑色しているものもありました。
パンに付けて食べるのはもちろんなのですが、プレーンな生地の間にこのジャムを挟んで焼き上げたパウンドケーキを前回作ったらとても美味しかったので、お好きな方はお試しあれ。